すずかみ ホーム »
最近の記事

冴えない彼女の育てかた♭11話を見て、Girls Side3巻を読んで少し気になったので。  

(この記事は♭11話、及び原作8巻以降のネタバレ要素が少し含まれているかと思いますので、自己責任でお読みください。特に原作未読組は要注意です。)

声優オタクから作品オタクへと舞い戻りました、こんばんは。

megu.jpg


冴えない彼女の育てかた♭、全話放送終了しましたね。
そして原作小説の外伝、Girls Side3巻も発売されました。

Girls Side3巻の内容は、今まで触れられる事が少なかった恵の根底に関わる内容も触れられていて、恵派の皆様におかれましてはベッドの上で転げ回ったことでしょう。
ええ、僕のことです。

そしてアニメ2期、♭の最終話の11話。
原作とはまた少し違ったアプローチ、原作既読組の皆様も大変楽しめたことでしょう。
そして何より加藤恵さんのヒロイン力が原作に比べて飛躍的に高くなっていたと思います。
恵派の皆様におかれましてはベッドの上で転げ回ったことでしょう。
ええ、僕のことです。

しかしながら、原作8巻でのキーイベントになっている六天場モールでの2度目のデートをここにアレンジしてもってきたり。
原作7巻ではなかった、新幹線ホーム上での英梨々と恵の和解ともとれる電話だったり。
(これはアニメに区切りをつけるための追加かな?とは思ってる。事実セリフも安野さんの芝居も、微妙なニュアンスで本音が掴みづらかったと思う。天才か。)
そして最後のおしまい。
(♭がおしまいという意図にも取れるようになってる)
だったり。3期望み薄かなぁ…なんて自分では思いつつ、色んな人の考察をよもーとTwitterで適当にパブサしてたんですけど。

ある考察(上のとはあんまり関係ない)をちらほら見て、気になったのでちょっと自分で考えてみた。

「GS3巻の例の3択の比率、♭11話の比率と一緒なんじゃないか問題」

これに着目した人、天才なんじゃないかと思う。その頭分けてください。

GS3巻には、「叶巡璃の心情を理解するため」と称して、作中作「冴えない彼女の育てかた」の巡璃ルートのイベントを出海と美智留が恵に対して根掘り葉掘り色々聞いていくというエピソードがあります。
作中作「冴えない彼女の育てかた」のイベントは、基本元になったキャラクター(叶巡璃の場合は加藤恵)と安芸くんの実体験に基づいたものになっているわけですが、そんな中にこんなイベントが存在します。

イベント内容:巡璃13
種類:選択イベント
条件:十二週目日曜日、英梨々10発生済みで、巡璃を選択した場合に発生
概要:英梨々の看病を隠していたことで、巡璃と初めて喧嘩してしまう

(冴えない彼女の育てかた GirlsSide3巻 187Pより)

つまるところ、原作6巻及び♭6話に相当するイベントなわけですが、この件に関して出海と美智留は恵に対して「嫉妬なの?」と食いついていきます。
間のお話は省きますが、最終的にに美知留が3択で恵に答えを迫る展開になります。

それが以下の3択。

1.今まで通り、主人公が正直に話さなかったのが悪い。
2.本当は、主人公が抜け駆けしたのが悪い。
3.それとも、主人公が親友に傾いたのが悪い。

(冴えない彼女の育てかた GirlsSide3巻 193Pより)

これに関して恵は、どれか一つを選ぶのではなく、3択のうちどれがどれくらい悪いかの「比率」を答えています。
つまるところ、少なからず嫉妬の心はあったという捉え方で問題ないはず。実際比率を聞いた出海と美智留も、「思ったより攻めてきた」と答えています。

さて、ここからが大事なところです。
この比率はもう各位の想像におまかせ…的な感じかな、と思っていたんですけど。
放送された♭11話には原作にはなかったこんなエピードが。

・♭11話、六天場モールに来た理由に関して

1.安芸くんを励まそうとしてた:3割
2.ほんとに六天場モールに来たかったから:2割
3.前回来た時一緒に帰れなかった(他のヒロインに行かれた、嫉妬):5割


正直これだけでも、マジすか恵さん…位な感じですよね。常々ここで置いていかれたことを根にもっていた描写はありましたが、実際比率として言われると中々ですね(笑)

しかーし、ここでとりあえず♭11話の比率をGS3の3択にあてはめてみる。

1.今まで通り、主人公が正直に話さなかったのが悪い。:3割
2.本当は、主人公が抜け駆けしたのが悪い。:2割
3.それとも、主人公が親友に傾いたのが悪い。:5割

おや。

この比率なら、GS3で出海と美智留にも言及されていた、当時恵が英梨々に対して直接連絡を取らなかった行動にも説明がついてしまいます。

まず最初の3割。かなり本性が現れたとはいえ、恵の友達思いな所を考えれば最初の3割は納得がいきます。
英梨々の抜け駆け行動に対して2割というのも、恵は最初から英梨々が安芸くんに持ってる好意を気づいている、ということを考えれば納得いきます。

そして問題、このエピソードを見た僕ら、そして何より安芸くんが発狂しそうな最後の5割。
いや加藤恵さん、この時点「では」安芸くんに対して特になんとも思ってなかったんじゃねーのかよ!!って話なんですけど。

実際7巻(及び♭8話)で、そんな感じの事を安芸くん本人から聞かれた時、フラットに否定の言葉を返していたわけです。

しかし、GS3で少し明らかになった恵の性格を考えると、またちょっと違った考え方ができます。
彼女のフラットな反応、呆れた反応、そんな行動には彼女が「めんどくさがりや」という性格からきているんだと思います。
常にそんな反応をしていれば、「優位に立てる」「めんどくさいことにならない」ということなのかな?と。
サークルに入るまでは、そんな普通のフラットな反応でやり過ごせていたことが、入ってからは周りについていくために、ちょっと黒い部分も出していかないと「優位に立てなくなってきた」
それが加藤恵さんのヒロイン力であり、キャラクター性なのかな…なんて寝てない頭で♭最終話を見た勢いで適当に書いたので許してください。今度また考えます。

なんか書く時にこうやって逃げ道用意しとくの僕の悪い癖だしやめたい

閑話休題。

で、安芸くんにしては珍しい、恵にとってクリティカルだった質問に対して「優位に立つために」そんな反応をしたのかもしれない、と思うとちょっと納得いっちゃうんですよね。
(逆に、その後の彼女が感情を爆発させたシーンは、そんなフラットな心では処理できなくなった時、する必要がなかった時、と考えるともっと彼女の事が愛しくなりますね。)

ちょっと考えすぎかもしれませんが、このタイミングで発売されたGS3巻、そしてわざわざ比率で答えさせたこと。
そしてそんな発売週に放送される♭11話で、原作とは少し違ったエピソードを回し、六天場モールに来た理由をわざわざ比率で答えさせたこと。

答え合わせになっているのかもしれない…と考えてしまうのも無理ないですね。
最初からここまでほんとに考えられてたとしたら、丸戸史明氏の手のひらでくるくるされているだけですね(笑)

ほんと、考察しがいのあるメインヒロインだと思います。
彼女の今までの行動の裏には、そんな思いがあった…と考えると、とても生っぽくて、とても人間っぽくて。
新しいタイプのヒロイン像だとは思いますが、十分ヒロインとして成立しているのが、本当にすごいなと思います。

原作も残すところ13巻のみですが、加藤恵さんがどんな選択をして、どんな行動を見せてくれるのか、とても楽しみです。

早く読みたいような、でも読みたくないような。複雑な気持ちで待ってようと思います。

あ、これ読んでお前の言ってる事がさっぱり理解できない!とかちょっと気になった。とか思った人。
原作「冴えない彼女の育てかた」1巻から12巻と外伝全4冊、読んでください。きっと少しは分かってもらえると思います。


スポンサーサイト

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

急に減る未難。  

大変ご無沙汰な内容が音ゲーネタなのはいかがなものかと思いますが、こんばんは。

ここ最近急に未難が減ったので報告までに。

…オタクとしては色々迷走しておりますが、最近はただの冴えカノ作品オタクとして楽しくやっています。
色々今しかできないので、後悔しないように必死に追っかけてそれなりに報われております。好き。
GS3巻を既に読んで悶ていたり、先行上映で既に♭最終話見て悶ていたり、もう。ありがとうございました。

で、音ゲー話へ。
ていうか音ゲー話も書くの1月以来とかでビビる。

未難は未プレイ入れて12になりました。
多めになりそうなので続きへ。




-- 続きを読む --

category: BEMANI

thread: beatmaniaIIDX

janre: ゲーム

tag: BEMANI  beatmaniaIIDX 
tb: 0   cm: 0

亜人ちゃんは歌って語りたい。  

2017/05/14 「亜人ちゃんは語りたい」スペシャルイベント 亜人ちゃんは歌って語りたい@板橋区立文化会館 大ホール

ご無沙汰しております。
その後夏川さんのリリイベは、何だかんだと楽しめて一段落ついて気づいたら5月になってました(笑)
5月になってから田所さん東京でぶち上がったり、冴えカノの作品オタクをして時間を過ごしたりな感じでしたが。

今日はついに待ちに待った、亜人ちゃん作品イベントだったので行ってきました。
前日のなんちゃらフェスは、去年のアレとか今のアレとかを考えて久々にスルー。まぁ、正解だったかなと(笑)
でも代わりにウマ娘のリリイベで田所さんは見てきました。
キャラソンなんて歌ってる姿見たの久々だったので、なんかよかったな。

閑話休題。
本日のお席は12列上手。思ってたよりは見やすかった。けど許さないなんちゃら。

作品イベント、久々でした。
アニプレは作品イベントに対して、何だかんだ1枚くらいは描き下ろし絵用意してくれるし好き。
スクリーンにそんな描き下ろし絵が表示されつつ、1人1人登壇していくのを見るだけでなんか幸せな気持ちでした。

まずはトークパート。
それぞれが、今日登壇してるメンツと語りたいことを語っていくコーナーでした。
我らが夏川さんは、本渡さんと服の趣味について語りたいとのことで。

最初誰が語りたいのか、伏せられてたんですけど、見た瞬間ぜってー夏川さんだろって思ったら案の定でしたw
他でも聞きましたが、本渡さんと夏川さんは服の趣味が結構合うみたいです。メッセージ性云々ですかね(遠い目)

途中で7巻に収録されるTV未放映エピソードの新キャラ、透明人間(原作登場済)のキャストとして麻倉ももさんが登壇してきましたが、その後すぐゲームコーナーへ。

途中で諏訪部さんが、透明人間は童貞にはみえませーんとかネタぶち込んでたのに対して夏川さんが笑ってたのが印象に残りました。お前むっつりだろそうだろ。

ゲームコーナーで夏川さん的に特筆すべきは、やはり最初のやつかな。
よくあるお絵かき伝言ゲームだったんですけど、目隠しをしながら絵を書く企画で。
トップバッターが麻倉さんで、お題が雪だるまだったんですけど、それはそれはひどい絵が完成してて。
けど夏川さんはうわーとか言いながら、完全に汲み取り、見事美化に成功してて、正直マジですげえ…ってなった。
その時調子にのって客席に向かってめっちゃアピールしてたの、面白かったな。他の場じゃ絶対やんないだろうに、楽しんでた証拠だったらいいなw

あとはまあ、よくある感じでしたが。日笠さんみたいな人が1人居ると見てて楽しいですね、よかったです。

その後はライブコーナー。
生歌を初めて聞く人が凄い多かったので、その点よかったです。単純に作品好きとして、キャラソンが生で聞けたのも嬉しかった。
一番よかったのはLyunさんかな。ひまりちゃんへの愛、そしてひかりちゃんへの愛まで感じられるそれは、文句の付け所がなかったです。

で、我らが夏川さん演じる日下部雪のキャラクターソング「ジュエルは胸にいつでも」
謎のタイトル変更を食らったこの曲ですが、披露は2度目。MR04以来。
あの時は原作こそ読んでいたものの、「夏川さんなりの日下部雪」を知らない状態で聞いていたから、理解は出来ても、それだけな感じだったんですけど、アニメを見た後に聞く生歌は大違いでした。

凄く丁寧に歌ってる感じしたし、後半心境が変わっていく所も凄い気持ちこもってる感じで、雪ちゃんへの思いがちゃんと伝わってきました。求めてたもの通りだったので、すごくよかったな。
…落ちサビとかラスサビのとことか、歌の入りが若干遅れたりする心配なシーンはありましたが。きっと入り込み過ぎてたんだろうと盲目オタク的な解釈をしておくことにします(石投げないでね)

最後はオリジナル。も聞けて、作品イベント大満喫。

大体2時間半のイベント、大いに楽しめました。

まあ、夏川オタク的に、ほんのすこし期待していた夏川さんの雪ちゃんへの熱い思いこそ語られることはなかったですが。
キャラソンの方で、しっかり思いは受け取れたので、それはそれできっと夏川さんなりのスタンスだと思って割り切りました。

…でも終わった後少し、言葉に残ってる何かが欲しいな、思って人に読ませてもらってすまそうと思ってたリーフレット(Tシャツ付き)買っちゃいました。うん。

何だかんだ言いつつ、やっぱり夏川さんの作り出すものは大好きだなーって再認識できた、自分としても凄い収穫の多いイベントでした。
当分夏川さんが出る作品イベントこそないけど、この先ライブとかに行かなくなって家でアニメだけ見てるようなオタクになっても(笑)作品イベントはちゃんと行きたいなぁ、なんてことを思ったのでしたとさ。

以上。ねむい。

category: ライブ・イベント

tb: 0   cm: 0

夏川3days  

3日連続って珍しいですよね。てなわけで。

2017/04/15 夏川椎菜 1stシングル「グレープフルーツムーン」発売記念イベント@第3太閤ビル

リリイベ名古屋行ってきました。
大阪はゲマの策略で以下略。券全国で配布すんのやめてよね(T_T)

そしてソフマップ、まさかの落選でした。結構買ったんだけどね、買い方悪かったなあ。
正直かなりショック受けててモチベダウンですが、行くだけが全てではないと言い聞かせてなんとか(笑)
417の日は無事、行けるので気を取り直していこうと思います。

さて、では昨日の名古屋のお話。
当日は新幹線で現地へ。特にやりたいこともなかったので、開場ちょい前くらいに名古屋着。
おなじみ第3太閤ビルですが、行くのは田所さんのBMリリイベ以来、実に3年ぶり。
懐かしいなーとか思いながら、入場。

今回もアンケートを募集していましたが、内容は池袋と同一でした。

で、開演。本日の衣装もGFMのイメージから逸れない、ワンピースに白地のガーディガンみたなのでした。清楚系かわいい。
アンケートを答える前に、夏川さん自ら少しMVの話とDaisy Daysの話をして、その後アンケートに答えていってプレゼント抽選会って感じの内容でした。時間は35分^^;

正直ボリューム不足感は否めない感じでしたが…仕方ないですかね。
個人的にはDaisy Daysのお話を直接生で聞けたのがとても嬉しかったので、それだけで満足でした。

アンケートトークの方は、単推しやらDDやらそういう単語が飛び交ってて苦笑いでしたが、そういう子なのだなあと思うしかないかな(笑)
あとは、池袋でも答えてましたがMVの良かったところで「帽子を被るシーン」をあげてる人が居て、自らそれを読み上げた夏川さんが凄い照れて恥ずかしそうにしてたとこが可愛かったです。何だあれ。

後はプレゼント抽選会。
計6名とかだったかな?隣の人が当たってて羨ましかったです(以上)

そんなこんなで35分くらいのイベントでした。
時間書いちゃうとすごく物足りなさはあったけど、Daisy Daysの話を生で直接聞けたのは凄く嬉しかったので、行けてよかったなーと思います。

終わった後外出たら雨降ってて、駅まで走りました。ずぶ濡れでしたつらい。

その後新幹線に乗って田所さん広島へ…の予定だったんですけど。
新大阪着く手前で、ライブの延期が発表されたので、色々動揺して帰宅することに。

行くべきだったんだろうけど、色々思い切りもつかなかったので。。

そんなこんなで日帰り名古屋みたいになりました。疲れたぁ。

そして次の日。
-- 続きを読む --

category: ライブ・イベント

tag: 夏川椎菜  イベント 
tb: 0   cm: 0

グレープフルーツムーン in アニメイト池袋  

2017/04/09 夏川椎菜 1stシングル「グレープフルーツムーン」発売記念イベント@アニメイト池袋

だいぶご無沙汰しております。生きてます。
なんとなく書くのが億劫になってて更新はしていませんでしたが、武道館やらリリイベやら、基本行ってました。
下書きの山が沢山保存されてますが、それはまあ置いといて、まずは近況。

グレープフルーツムーン発売されましたね、おめでとうございます。
リリイベが思ってたより多かったので思ってたより枚数買うことにはなってしまいましたが、1stなのでご祝儀的な意味も込めて、何だかんだよかったかなと思ってます。あとは当落次第だけど、神のみぞ知る。大阪はアレだったので落ちた、優遇とか聞いてないよう。

そんなわけで今日はひとまず、初回であった池袋に参加してきたので軽く書きます。

席はあろうことか最前のセンターらへんでした。久々にここぞという場所でこれ以上ない場所を引くことができて感無量。
座席にアンケートが置かれてました。

1.グレープフルーツムーンの良かったところをピンポイントに
2.好きなグレープフルーツの食べ方
3.ブログに書いてほしいこと
4.自分の強気だけど弱気なところ
5.パンダがひよこどっちが好きか
6.今後夏川さんに挑戦してみてほしいこと

確かこんな感じの6項目だったかなと。どうせふるいにはかけるのだから、フリーな内容があってもよかったのでは?と思いつつ。

で、開演。続きます。
-- 続きを読む --

category: ライブ・イベント

tag: 夏川椎菜  イベント 
tb: 0   cm: 0

▲ Pagetop